商品コード
4987316092454

エクセルーラ パワークリーム EX

¥4,950(税込)

49ポイント付与

在庫
数量
お気に入りに登録する

商品説明

エクセルーラ深層保湿クリーム
佐藤製薬がつくった高濃度・高浸透スキンケア
医薬品開発のノウハウから生まれたエイジングスキンケア※1シリーズ。
和漢植物の高濃度抽出・ブレンド技術と高浸透技術でハリ、艶、目覚める肌へ。
肌バリアを高める保湿クリーム
とろけるような感触。植物性保湿オイル(シア脂・ホホバ種子油)が皮ふ温でなめらかに広がり浸透。
○エイジングケア※1成分
・エイジスクリアコンプレックス※2(保湿)
・パワーコンプレックス※3(保湿)

※1 年齢にあったお手入れ
※2 カミツレ花エキス、オーキッドエキス
※3 マクロプチリウムアトロプルプレウム花/葉/茎エキス、加水分解ハトムギ種子、オタネニンジン根エキス、ローヤルゼリーエキス、パルミチン酸レチノール、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン

アルコール、パラベン、香料、合成着色料は含みません。
パッチテスト*1済み・スティンギングテスト*2済み
すべての方に肌トラブルや刺激が起こらないということではありません。
*1 肌に化粧品を貼ってテストする方法
*2 ピリピリ・ヒリヒリといった刺激感の有無をテストする方法

○くすみの原因となる古い角層をケア、キメを整えます。
エイジスクリアコンプレックス:カミツレ花エキス、オーキッドエキス(保湿成分)
○ふっくらやわらかく、ハリのある肌に導きます。
複合保湿成分パワーコンプレックス:マクロプチリウムアトロプルプレウム花/葉/茎エキス、加水分解ハトムギ種子、オタネニンジン根エキス、ローヤルゼリーエキス、パルミチン酸レチノール、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン
○角層をうるおいで満たしながら、植物性保湿オイルで肌バリアを高め、乾燥から肌を守ります。
シア脂・ホホバ種子油・ベタイン・グリセリン・ジグリセリン・スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na)・ヒアルロン酸Na・加水分解コラーゲン・和漢植物エキス(保湿成分)
○肌にしみ込むように角層深くとどけます。
高浸透「ディープデリバリーシステム」が、美肌成分をナノ分子のミセル(集合体)に包み込み徐々に放出させます。


表示成分

<成分>
水、エチルヘキサン酸セチル、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ホホバ種子油、ホホバエステル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、ジグリセリン、ベヘニルアルコール、水添ココグリセリル、ペンチレングリコール、シア脂、ステアリン酸スクロース、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、ポリグルタミン酸、加水分解コラーゲン、ベタイン、グリチルリチン酸2K、マクロプチリウムアトロプルプレウム花/葉/茎エキス、加水分解ハトムギ種子、オタネニンジン根エキス、ローヤルゼリーエキス、パルミチン酸レチノール、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、カミツレ花エキス、オーキッドエキス、センブリエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アカヤジオウ根エキス、メマツヨイグサ種子エキス、オウゴン根エキス、クズ根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、カンゾウ根エキス、(アクリル酸ブチル/イソプロピルアクリルアミド/ジメタクリル酸PEG-18)クロスポリマー、ステアリン酸グリセリル、水添レシチン、ステアロイルグルタミン酸Na、トコフェロール、カルボマー、水酸化K、PEG-6、PEG-32、フェノキシエタノール、オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル、シリカ、セテアリルアルコール、セテアリルグルコシド、アルギン酸Na、キトサン、乳酸、ピーナッツ油


用法・容量

<使用方法>
●お手入れの最後にご使用ください。
●中蓋の上にあるスパチュラで適量(パール粒1個程度)をとり、顔全体になじませます。
スパチュラに残ったクリームはふき取ってから中蓋の上に置いてください。
●首に塗布する場合は、最後に下から上に向かってなじませます。量が足りない場合は、さらに少量足して行います。

○オリジナル「なじませ法」
顔全体に塗布後、下記の方法でマッサージするように深くなじませます。
1.手のひら全体で、下から上に向かってすりあげ、こめかみを軽く押します。
2.指先を使い、目頭からまぶた、目の下をとおって額を引き上げ、髪の生え際を軽く押します。
3.手のひら全体で、髪の生え際からこめかみ、耳の前、顎関節、首の側面へとすりおろし、最後に鎖骨を軽く押します。